トイレの水漏れが起こっても焦らずに対処

トイレの水漏れが起こっても焦らずに対処 水のトラブルの中でもトイレの水漏れはよく起こります。しかも毎日必ず利用する場所で、生活の中ではなくてはならないトイレが水漏れなどの故障をしてしまうととても困ってしまいます。そのため焦ってポスト投函されていた業者にお願いしてしまったりしがちですが、まずは落ち着いて現状を把握しましょう。状態によっては自分で対処できることもあります。焦ってお願いした業者に法外な金額を請求されたりするトラブルもあるので、業者の選択もじっくり行うべきです。

■水漏れ箇所を確認する

トイレの床が濡れていることに気づき水漏れしているのではと思うことが多いと思います。まずはどこから漏れているのかを確認します。漏れている箇所は、便器と床の間やウォシュレット部分、配管部分、そしてトイレタンクなどがあります。特にそれぞれの接続部分から漏れていることが多いので、そこを確認します。少量の水漏れであるならそれほど焦ることはありませんが、そのまま放っておくと、故障箇所が広がり大きな水漏れとなったり、別の箇所が故障してしまったりするので、必ず早めに対処することが重要です。
もし、大量の水漏れが起こってしまったときには、原因箇所を確認した後すぐに止水栓を閉めれば、とりあえず水は止まります。止水栓は通常手洗いのある場所や、タンクや便器とつながってる配管部分が壁などと接続しているところにあります。そこを閉めることで水は止まりますが、場所が分からず水がどんどん流れ出てしまっているのなら、水道の元栓を閉めてください。

■修理業者を選ぶときの条件
漏れている量が多いのなら、故障箇所が大きい可能性があるのでプロの修理業者にお願いした方が良いです。そのとき、電話帳で一番上にあったから、またはチラシが入っていたからといった理由で目についたところに連絡するのは避けた方が無難です。
修理の後で高額を請求されるトラブルなども実際には起こっています。まずはインターネットなどでいくつかの業者を検討してみましょう。その中で、迅速に修理に来てくれるかどうか確認します。大きな工事になってしまう可能性もあるので、事前に見積もりを出してくれる業者に依頼しましょう。見積もり無料となっているところが良いですが、無料地域の対象外の場合もあるので、無料の地域かどうかも併せて確認すると安心です。
修理を依頼する際には、トイレのメーカーやできれば型番を伝えられるようにします。購入時の取扱説明書などに記載されています。多くの実績があるところなら故障内容を伝えることで、大体どのような修理を行えば良いのか分かるので、部品も準備してきてくれスムーズに終わります。

■電話をかけた際の対応で判断できる

現代においては、会社の評判などは直ぐにネット上で拡散されます。SNSなどでそれぞれの業者の評判を確認してみるのも良いでしょう。その中から業者を絞り込んだら電話をかけて依頼します。メールでの依頼方法があるところもありますが、電話の応対の仕方によってその業者がどのようなところか判断することが出来るので、電話で依頼することをおすすめします。親切な対応を心がけているところなら、電話対応も丁寧で、修理に来てくれる人も丁寧で親切だと判断できるからです。

■まとめ
水のトラブルの中でもトイレの水漏れはよくあるケースです。漏れていると気づくと、このままトイレが使えなくなってしまったらどうしようかと焦ってしまうと思いますが、落ち着いて状況を判断することが大切です。水漏れが起こっている場所を確認して、どれくらいの量の水が漏れているのかを見極めます。場合によっては自分で簡単に直せることがあります。目に付いた修理業者に慌てて依頼することは避けましょう。水漏れの量が多く、修理業者にすぐに依頼しなければならない状況であっても、どこに依頼するのかは十分に検討するべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース