トイレからボタボタ水漏れしている

トイレの水漏れがボタボタと起こっているときは、まず配管やパイプなどから起こっていることが多いでしょう。配管とタンク、手洗い場をつなげているところや配管と壁との接合部分は、水漏れの起こりやすい場所です。
長年使用しているとゴムパッキンが次第に劣化していきます。このパッキンを交換するだけで修理が可能な場合があります。また、接合部分が緩んでいるだけでボタボタと漏れているケースもあるので、しっかりと締め直せば直ることもあります。

■パッキンの交換方法

必ず止水栓を閉めてから作業をします。ハンドルをひねるタイプの場合は、少し閉めるだけで止まる可能性もあります。次にバルブやナットを締めてみます。このとき締めすぎて壊してしまわないように注意が必要です。もし、自分で動かすことが出来ないようなら無理をせずに業者に依頼してください。壊してしまうと、必要非常の修理費がかかることになってしまいます。
バルブやナットを締めてもまだボタボタと水が垂れているなら、今度は外します。ゴムパッキンがあるのでそれを新しいものに交換します。目で見て損傷していないようでもゴムは長期にわたって使用していると劣化するので交換が必要です。また、大小様々な大きさがあるので、取り付けられていた実物を持参してホームセンターなどで同じタイプを購入しましょう。

■結露が原因のこともある

パイプ類や便器の結露が原因で水が床に溜まっていることがあります。結露は室内外の温度差によって起こるので、ぞうきんなどで拭き取り、それ以上床に水が落ちないようにします。水浸しにしておくと滑りやすくなったり、カビの原因にもなるので気をつけましょう。
トイレの室内の温度差をなくすために、トイレを閉め切ったり反対に開けっぱなしにしたりしてみましょう。換気扇がある場合は、フィルターが詰まっていないか確認して掃除をします。まれに、屋根裏で雨漏りしていることが原因で湿気がこもっていたということもあります。結露が起こった環境を確認することが大切です。

■まとめ
トイレの水漏れが起こっている場所はパイプやバルブの接合部分であることが多いです。ゆるんでいることが原因のこともあるのでその場合は、様子を見ながらゆっくりと締めるだけで漏れは止まります。接合部分のゴムパッキンは長期にわたって使用していると劣化してきます。それによって水漏れしている可能性があるので、パイプやバルブを外してパッキンを交換します。ホームセンタ-など購入することが出来ますが、サイズがいろいろあるので実物をもって同じ大きさものを購入することをお勧めします。


クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ