トイレのタンク関連の水漏れ

トイレのタンク関連は多くの部品で出来ているため故障する可能性も高いです。しかも一度水漏れをおこすとどんどん被害が大きくなります。どこで水漏れが起こっているのか確認すれば、状況によっては自分で修理できる可能性もあるので、まずは状況を確認しましょう。

■トイレタンクの水漏れは中か外か、起こっている場所の確認

トイレのタンクには大量の水が溜まっているので、水漏れなどのトラブルが起こるとあっという間に被害が広がってしまうことがあります。タンクのトラブルに気づかないと、知らないうちにどんどん水が流れ続けてしまって高額な水道代が請求されてしまうことすらあります。トイレタンクの水漏れは中と外の両方があるので、異常を感じたら放っておかず直ぐにどこから漏れているかを確認し、対応することをおすすめします。
タンク内で水漏れが起こっている場合は、ゴムフロートの劣化や位置がずれている、オーバーフロー管の破損、玉鎖が他の部品に絡んでしまっているなどの原因が考えられます。タンクの底に黒いゴムでできた丸いふたのようなものがありますが、使用期間が長いと劣化してしまっていることがあります。ゴムフロートを触ってみて、白い粉が手に付いたり柔らかくなっていたら交換すべきです。
水位を調節するためにオーバーフロー管という筒状のものがあります。それが折れていたり、ひびが入っていたりすると、水位を調節できなくなってしまうので水があふれてしまったりします。オーバーフロー管を交換すれば故障が直ります。ゴムフロートにつながっている玉鎖が絡まってしまっていることがあるので、通常の状態にすれば大丈夫です。

■トイレの交換を考える

トイレの使用期間が長いのなら交換することを検討してはいかがでしょうか。一カ所が壊れると、そのほかの部品も劣化しているので次々と故障してくる可能性があります。その都度修理を繰り返すより、思い切って交換してしまった方がリーズナブルだということがあります。どこを交換するのかによって値段はいろいろですが、一式というセット価格を用意しているところがほとんどなので一度検討してみるといいでしょう。

■まとめ
トイレタンクからの水漏れが起こっている場所は、中なのか外なのかを確認します。外の場合は、タンクの底やレバー、バルブの接合部分であることが多く、ゴムパッキンを交換したり緩んでいるところを締め直すことで直ります。中の場合は、ゴムフロートやオーバ-フロー管が破損していることがあるので、破損している部品を交換します。使用年度によってはトイレの交換も検討すべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ