トイレのウォシュレットから水漏れしたときの修理

接合部分に次いでよくあるトイレの水漏れ箇所はウォシュレットです。近年では温水洗浄暖房便座を利用していることが多いので、以前よりもトラブルが増えています。温水洗浄暖房便座は電化製品なので、その他の家電と同じように寿命は約10年くらいです。コンピュータで制御している場合もあり、機器が壊れていることもあります。ウォシュレットが壊れていることが分かったら、止水栓を閉めてコンセントをぬいてください。通電させた状態で故障箇所を確認すると、感電する危険性があります。

■ウォシュレットの水が漏れる箇所

ウォシュレット 水漏れがおこるところは水栓ノズル、給水パイプ、内部貯水タンクのどこかであることがほとんどです。機種によっては、使用する前や後にノズルから細く水がでていることがありますが、これはノズルを清潔に保つためにお掃除機能が動いているだけなので特に故障ではないので修理の必要はありません。
本体の中に細いホースがあり、そこを通って水がノズルまで行くようになっています。途中でホースが切れてしまっていたりすると、水漏れが起こってしまったりします。この修理を個人で行うことは難しいので業者にお願いしましょう。給水パイプの接続部分からの水漏れの場合は、そのほかの接続部分の場合と同様にバルブを締め直したり、ゴムパッキンの交換で直ることがあります。貯水タンクなどのウォシュレット内部や便座脇の操作パネルから水漏れしている場合は、自分で修理することは難しいのでプロに任せた方が良いです。

■トイレウォシュレットの使用年度によっては交換すべき

ウォシュレットの使用年月によっては交換した方が良いケースがあります。折角修理してもまたすぐに別の箇所が壊れてしまう可能性があるからです。トイレは生活には欠かせない場所です。頻繁にトラブルが起こり修理ばかりしていると、生活の上でとてもストレスです。現在の状況についてお願いした業者の方に聞いて、思い切って交換するべきか、修理すればまだしばらく使えそうなのか判断するのも良いです。

■まとめ
ウォシュレットの故障はトイレのトラブルの中ではよく起こる場所です。水漏れが起こっていることに気づいたら、止水栓を閉めてコンセントを抜いてください。通電したまま何かしらの作業を行うと感電する恐れがあります。パイプなどの接合部分から水漏れしている場合は、バルブを閉め直したり、新しくゴムパッキンを交換するなどの対応で直すことが可能です。ウォシュレットは電化製品なので、そのほかの家電と同様に寿命があります。ノズルから水を出すためにつながっている細いホースがきれて水が出なかったり、もれている場合は自分で修理することは難しいです。ウォシュレットの使用年数によっては交換も考えるべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ